メニューを開く 検索を開く ログイン

HFpEFの91%に冠動脈疾患/微小血管機能障害

閉塞性CADの半数がCAD既往歴なし

 2021年07月12日 05:10
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 左室駆出率(LVEF)の保たれた心不全(HFpEF)の患者では、臨床的に認識されていない冠動脈疾患(CAD)および冠微小血管機能障害(CMD)の有病率が極めて高いことが示された。英・University of GlasgowのChristopher J. Rush氏らは、HFpEF入院患者106例を対象に行った多施設前向きコホート研究で検討した結果、心外膜CADまたはCMDあるいは両方が認められた患者は91%に上り、閉塞性CADが認められた患者の半数にはCADの既往歴がなかったとJAMA Cardiol2021年6月23日オンライン版)に発表した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  HFpEFの91%に冠動脈疾患/微小血管機能障害