メニューを開く 検索 ログイン

寒冷凝集素症の新薬の最新エビデンス

スチムリマブが初のRCTで高い有効性示す

2021年07月12日 05:05

2名の医師が参考になったと回答 

 自己免疫性溶血性貧血(AIHA)の1つ寒冷凝集素症(CAD)は、寒冷曝露により溶血性貧血や疲労、循環器症状を呈する希少疾患である。病状が重篤な場合にはリツキシマブを中心とする薬物療法が施行されるが、効果は一過性で有効な治療薬が存在しない。ドイツ・University of Duisburg-EssenのAlexander Röth氏は、CADの新薬として開発中の抗補体モノクローナル抗体スチムリマブの有効性と安全性を検討した第Ⅲ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)CADENZAのパートAの結果を欧州血液学会(EHA 2021、6月9~17日、ウェブ開催)で発表。プラセボ群に対するスチムリマブ群の主要複合評価項目達成率のオッズ比(OR)は15.9と有意差が認められたことを報告した(関連記事「冷たい飲食物で胸痛! 寒冷凝集素症」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  血液 »  寒冷凝集素症の新薬の最新エビデンス

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで