メニューを開く 検索 ログイン

終末期乳がんの皮膚病変、予後不良に直結せず

2021年07月13日 17:10

 がん患者では全てのがん種の5~15%に皮膚病変が認められ、臭気、浸出液、出血など特有の症状を伴う。中でも乳がん患者は3割に皮膚転移が生じる(J Am Acad Dermatol 1993; 29: 228-236)。横浜市立大学病院臨床腫瘍科/国立がん研究センター中央病院緩和医療科の竹田雄馬氏は、皮膚病変を有する終末期乳がん患者の症状と予後の関連を検討。乳がん患者の皮膚病変は予後不良因子でないとの結果を第26回日本緩和医療学会(6月18~19日、ウェブ併催)で発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  終末期乳がんの皮膚病変、予後不良に直結せず

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537245 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外