メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病患者の血糖管理に"ユーモア"が有用?

糖尿病患者の血糖管理に"ユーモア"が有用?

1型、2型糖尿病患者284例を対象に検討

2021年07月13日 05:05

3名の医師が参考になったと回答 

AdobeStock_409966615血糖値測定と笑顔リサイズ.jpg

(© Adobe Stock ※画像はイメージです)

 以前から、笑いが糖尿病患者における血糖値の改善や合併症の抑制に寄与しうることを示す報告はあるが(Life Sci 2009; 31: 85Diabetes Res Clin Pract 2018; 135: 111-119)、笑いに深く関与するユーモアと糖尿病のコントロールがどのように関連するかについては十分検証されていない。米・University of Northern ColoradoのDavid S. Greene氏は、1型、2型糖尿病患者284例を対象とした検討を実施。親和的なユーモアや自己高揚的ユーモアといった、前向きなユーモアを志向する傾向が強い例ではHbA1cが有意に抑制されていたと第81回米国糖尿病学会(ADA 2021、6月25~29日、ウェブ開催)で発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病患者の血糖管理に"ユーモア"が有用?