メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病性心筋症が顕性心不全リスクに

糖尿病性心筋症が顕性心不全リスクに

1万人超対象のマルチコホート解析

2021年07月14日 05:00

4名の医師が参考になったと回答 

 糖尿病性心筋症(DbCM)は糖尿病の合併症の1つで、その特徴は、心臓の構造や機能に異常を呈するものの一般的な心疾患を伴わないことである。しかし、DbCMと心不全リスクとの関連性は十分解明されていない。米・University of Texas Southwestern Medical CenterのMatthew W. Segar氏らは、3つのコホート研究に登録された1万人超を対象にした解析の結果を報告。DbCMを伴う糖尿病患者では顕性心不全の発症リスクが高く、DbCMが重症であるほどそのリスクは高いことが明らかになったと第81回米国糖尿病学会(ADA 2021、6月25~29日、ウェブ開催)で発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病性心筋症が顕性心不全リスクに