メニューを開く 検索を開く ログイン

2型糖尿病に基礎インスリン+GLP-1が有効

BIAsp30とのhead-to-head試験SoliMix

 2021年07月15日 05:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 基礎インスリン製剤で血糖コントロールの改善が得られない2型糖尿病患者に対しては混合型インスリン製剤への切り替えが考慮されるが、投与回数の増加に加え、低血糖、体重増加といった副作用に注意が必要である。米・Dallas Diabetes Research CenterのJulio Rosenstock氏は、持効型溶解インスリン製剤グラルギンとGLP-1受容体作動薬リキシセナチドの配合注射薬iGlarLixiについて、有効性および安全性を混合型インスリン製剤BIAsp30とhead-to-headで比較する第Ⅲ相多施設非盲検ランダム化比較試験SoliMixを実施。HbA1cについて、BIAsp30に対するiGlarLixiの非劣性および優越性が認められたと、第81回米国糖尿病学会(ADA 2021、6月25~29日、ウェブ開催)で報告した。(関連記事:「インスリン/GLP-1配合注射薬の実力」

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  2型糖尿病に基礎インスリン+GLP-1が有効