メニューを開く 検索を開く ログイン

就寝前カロリー摂取で肝硬変の生存率改善

 2021年07月15日 17:17
プッシュ通知を受取る

30名の先生が役に立ったと考えています。

 慢性的にエネルギーが欠乏する肝硬変患者では早朝空腹時に飢餓状態に陥るが、それを補正するため日中の摂取カロリーを減らして就寝前に約200kcalを摂取するlate evening snack(LES)が推奨されている。岐阜大学病院第一内科の華井竜徳氏は「就寝前のカロリー摂取により生存率が改善された」と第57回日本肝臓学会(6月17〜18日、ウェブ併催)で報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  就寝前カロリー摂取で肝硬変の生存率改善