メニューを開く 検索を開く ログイン

甲状腺検査、福島県民の3つの疑問

福島県民健康調査

 2021年07月15日 05:03
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 2011年に東京電力の福島第一原子力発電所で事故が発生して以来、福島県民の間ではチェルノブイリ原発事故(旧ソ連)後に認められたような小児甲状腺がん増加に対する不安がある。これを受け、同県および福島県立医科大学は、2011年10月以降、定期的に甲状腺検査を実施している。同大学臨床検査医学講座主任教授の志村浩己氏は、第94回日本内分泌学会(4月22~24日、ウェブ開催)で検査に関する県民からの質問を3点に集約。デメリットを極力排除し、メリットの確保に努めている現状について説明した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  甲状腺検査、福島県民の3つの疑問