メニューを開く 検索を開く ログイン

温水便座が院内で多剤耐性菌を拡散か

欧州臨床微生物学会議

 2021年07月15日 05:05
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 もはや日本人の生活様式に不可欠ともいえる温水洗浄便座(以下、温水便座)。多くの医療機関でも導入されているが、温水便座を介して多剤耐性緑膿菌(MDRP)を伝播させるリスクがあると、東京医科大学病院感染制御部・感染症科准教授の中村造氏が第31回欧州臨床微生物学会議(ECCMID 2021、ウェブ開催7月9~12日)で報告。ECCMIDはリリースを発表し、英国のTimesDaily Mailなどでも報じられた。(関連記事「忘れてませんか?間仕切りカーテン感染対策」)

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  温水便座が院内で多剤耐性菌を拡散か