メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  コロナワクチン、MTXで効果減弱か

コロナワクチン、MTXで効果減弱か

乾癬患者を対象に検討

2021年07月16日 05:10

12名の医師が参考になったと回答 

 免疫抑制薬で治療中の自己免疫疾患患者は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンの臨床試験から除外されていたため、同薬とワクチンの免疫原性の関係についてはいまだ不明点が多い。英・King's College LondonのSatveer K. Mahil氏は、メトトレキサート(MTX)および生物学的製剤で治療中の乾癬患者におけるファイザー製メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン・トジナメラン1回接種後の免疫応答を調査。MTXを投与中の患者では抗体価が低下したと、Lancet Rheumatol2021年7月8日オンライン版)に報告した。(関連記事:「抗TNFα製剤でコロナワクチンの効果減弱」「リツキシマブ投与で中和抗体陽性率6割低下」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  コロナワクチン、MTXで効果減弱か