メニューを開く 検索 ログイン

日本のコロナ感染・死亡率に社会経済的格差

欧米と同様の現象、アジア地域で初報告

2021年07月16日 14:28

25名の医師が参考になったと回答 

 欧米の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の研究では、COVID-19患者の転帰が社会経済的背景により異なることが示されているが、日本でも同様の格差が確認され、欧米特有の傾向ではないことが示された。米・Harvard T.H. Chan School of Public HealthのYuki Yoshikawa氏とIchiro Kawachi氏は、日本の47都道府県のデータを解析した結果、世帯収入が少ないなど社会経済的水準が低い地域で、COVID-19の罹患および死亡リスクが高かったとJAMA Netw Open2021; 4: e2117060)に発表した。今回の結果を踏まえ、「社会経済的弱者も新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン接種の優先対象として検討すべき」と提言している。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  日本のコロナ感染・死亡率に社会経済的格差

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537409 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外