メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

前立腺がんの新たな治療標的を発見

 2021年07月17日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 千葉大学大学院泌尿器科学教授の市川智彦氏らの研究グループは、アミノ酸トランスポーターであるLAT3の発現量が前立腺がんの進行と密接に関わっているアンドロゲン受容体(AR)によって制御され、がんの進行や転移に関与する機序を発見。前立腺がんの進行メカニズムの一端が明らかになったことにより、LAT3が前立腺がんの早期発見や新たな治療標的となる可能性が示されたと報告した。詳細は、Cancer Sci(2021年5月9日オンライン版)に発表された。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  前立腺がんの新たな治療標的を発見