メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

前立腺がんの新たな治療標的を発見

2021年07月17日 05:00

6名の医師が参考になったと回答 

 千葉大学大学院泌尿器科学教授の市川智彦氏らの研究グループは、アミノ酸トランスポーターであるLAT3の発現量が前立腺がんの進行と密接に関わっているアンドロゲン受容体(AR)によって制御され、がんの進行や転移に関与する機序を発見。前立腺がんの進行メカニズムの一端が明らかになったことにより、LAT3が前立腺がんの早期発見や新たな治療標的となる可能性が示されたと報告した。詳細は、Cancer Sci(2021年5月9日オンライン版)に発表された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  前立腺がんの新たな治療標的を発見

医師限定初回登録キャンペーン!
初めて会員登録いただいた医師会員には
500円分のポイント進呈!

※既に会員の方、過去に利用された方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537372 有効期限:5月末まで