メニューを開く 検索を開く ログイン

秋・冬生まれはアトピーのリスク

日本の大規模データで検証

 2021年07月19日 16:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe stock ※画像はイメージです

 アトピー性皮膚炎(AD)は、小児の10~20%が発症していると推計される代表的なアレルギー性疾患である。山梨大学大学院社会医学講座准教授の横道洋司氏らは「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」のデータを用いて、出生月とAD発症率との関連を検討。その結果、秋・冬生まれの小児は春・夏生まれの小児に比べ生後半年から3歳までにADを発症しやすかった一方で、日照時間や湿度といった気象条件との関連は認められなかったと、BMJ Open2021; 11: e047226)に発表した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  皮膚 »  秋・冬生まれはアトピーのリスク