メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

MRI生検で臨床的意義のない前立腺がんが減少

2021年07月21日 05:05

9名の医師が参考になったと回答 

 前立腺がん診断において、MRI標的生検の有用性が示されているが、従来の標準である超音波ガイド下生検の代替となりうるのだろうか。スウェーデン・Danderyd HospitalのMartin Eklund氏らは、非盲検第Ⅱ相試験STHLM3-MRIにおいて、標準的生検に対するMRI標的生検の非劣性および臨床的に意義のないがんの検出の減少が認められたことをN Engl J Med2021年7月9日オンライン版)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  MRI生検で臨床的意義のない前立腺がんが減少

医師限定初回登録キャンペーン!
初めて会員登録いただいた医師会員には
500円分のポイント進呈!

※既に会員の方、過去に利用された方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537384 有効期限:5月末まで