メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  MRI生検で臨床的意義のない前立腺がんが減少

Oncology Tribune

MRI生検で臨床的意義のない前立腺がんが減少

2021年07月21日 05:05

10名の医師が参考になったと回答 

 前立腺がん診断において、MRI標的生検の有用性が示されているが、従来の標準である超音波ガイド下生検の代替となりうるのだろうか。スウェーデン・Danderyd HospitalのMartin Eklund氏らは、非盲検第Ⅱ相試験STHLM3-MRIにおいて、標準的生検に対するMRI標的生検の非劣性および臨床的に意義のないがんの検出の減少が認められたことをN Engl J Med2021年7月9日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  MRI生検で臨床的意義のない前立腺がんが減少