メニューを開く 検索 ログイン

オンライン血液透析濾過の生命予後を解明

透析方法、希釈法、置換液量、膜材質などで検討

2021年07月21日 05:10

4名の医師が参考になったと回答 

 2012年に保険適用されて以降、日本では透析液をそのまま補充液として使用するオンライン血液透析濾過(OHDF)の施行件数が増加している。しかし、OHDFの有効性を正確かつ詳細に検討した報告はまだ多くない。川島病院(徳島県)副院長の岡田一義氏は、透析治療の条件と医療の質がほぼ一致している同院のグループ施設における多施設研究を実施。日本透析医学会統計調査(JRDR)の結果も踏まえながら、OHDFを含む透析方法や希釈法などと生命予後の関連性を、同氏が会長を務めた第66回日本透析医学会(6月4~6日、ウェブ併催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  腎・泌尿器 »  オンライン血液透析濾過の生命予後を解明

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537393 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外