メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

米・ベネトクラクスとアザシチジンとの併用療法をブレークスルー・セラピーに

 2021年07月21日 17:44
プッシュ通知を受取る

 米・アッヴィは本日(7月21日)、改訂国際予後判定システム(IPSS-R)に基づいて、中等度~超高リスクと診断された未治療の骨髄異形成症候群(MDS)患者に対する経口BCL-2阻害薬ベネトクラクスとアザシチジンとの併用療法について、米食品医薬品局(FDA)よりブレークスルー・セラピー指定を受けたと発表した。

 今回の認定は、第Ⅰb試験M15-531の結果に基づいたもの。

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  米・ベネトクラクスとアザシチジンとの併用療法をブレークスルー・セラピーに