メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

アラガンクライシス、乳房再建治療はどう変化?

乳癌診療GLウェブ改訂

2021年07月26日 17:25

 日本乳癌学会の『乳癌診療ガイドライン2018年版(以下、ガイドライン)』は刊行以降、これまでに4回の改訂がウェブ上で行われている。同学会診療ガイドライン委員会委員・外科療法小委員会委員長で札幌医科大学消化器・総合、乳腺・内分泌外科学講座講師の九冨五郎氏は、外科療法における改訂ポイントについて、第29回同学会(7月1〜3日、ウェブ併催)で紹介した(関連記事「アラガンクライシスから1年以上...現状は?」「人工乳房新製品が保険適用に、4学会が提言」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  アラガンクライシス、乳房再建治療はどう変化?