メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

アラガンクライシス、乳房再建治療はどう変化?

乳癌診療GLウェブ改訂

2021年07月26日 17:25

 日本乳癌学会の『乳癌診療ガイドライン2018年版(以下、ガイドライン)』は刊行以降、これまでに4回の改訂がウェブ上で行われている。同学会診療ガイドライン委員会委員・外科療法小委員会委員長で札幌医科大学消化器・総合、乳腺・内分泌外科学講座講師の九冨五郎氏は、外科療法における改訂ポイントについて、第29回同学会(7月1〜3日、ウェブ併催)で紹介した(関連記事「アラガンクライシスから1年以上...現状は?」「人工乳房新製品が保険適用に、4学会が提言」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  アラガンクライシス、乳房再建治療はどう変化?

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで