メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  75歳以上の食道がんに術前化学療法は有害

75歳以上の食道がんに術前化学療法は有害

2021年07月26日 05:10

8名の医師が参考になったと回答 

『食道癌診療ガイドライン2017年版』では、手術を希望する75歳以下のⅡ/Ⅲ期食道がん患者に対する標準治療として術前化学療法施行を推奨している。一方、76歳以上の高齢者(特に全身状態不良例)に対する標準治療は確立されていない。浜松医科大学外科学第二講座の坊岡英祐氏らは、75歳以上のⅡ/Ⅲ期食道がん患者を対象に手術先行群と術前化学療法群で有効性を検討。多変量解析の結果、術前化学療法施行のみが予後不良因子として同定され、術前化学療法未施行に対する全生存(OS)のハザード比(HR)は5.025(95%CI 1.136~22.222、P=0.033)にも上ったと、第76回日本消化器外科学会(7月7~9日、ウェブ併催)で発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  75歳以上の食道がんに術前化学療法は有害