メニューを開く 検索 ログイン

マグネシウム静注で小児喘息の入院減少せず

2021年07月27日 17:50

7名の医師が参考になったと回答 

 カナダ・University of TorontoのSuzanne Schuh氏らは、2011~19年に同国の7施設で中等症~重症喘息の小児816例を対象に行われた二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)の二次解析を実施。その結果、救急治療室(ER)において初期安定化治療の後にマグネシウム(Mg)静注療法を受けた患児では、受けなかった患児と比べて入院率が高かったとJAMA Netw Open2021; 4(7): e2117542)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  呼吸器 »  マグネシウム静注で小児喘息の入院減少せず

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537490 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外