メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

悪性胸膜中皮腫の特効薬、誕生なるか

 2021年07月28日 17:31
プッシュ通知を受取る

 アスベスト粉塵の曝露が要因の悪性胸膜中皮腫は、既存の治療法では十分な治療効果が得られず発症後の生存期間は約1年と非常に予後が不良ながんである。広島大学大学院細胞分子生物学教授の田原栄俊氏、同大学原爆放射線医科学研究所腫瘍外科教授の岡田守人氏らは、ヒトのマイクロRNAを用いた核酸医薬MIRX002を...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

オミクロン株、日本にとって脅威か

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  悪性胸膜中皮腫の特効薬、誕生なるか