メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  インスリンが不要な1型糖尿病の予測因子

インスリンが不要な1型糖尿病の予測因子

BMI高値+HbA1c低値+GAD抗体価低値

2021年07月29日 17:57

16名の医師が参考になったと回答 

 自己抗体である抗グルタミン酸デカルボキシラーゼ(GAD)抗体陽性の緩徐進行1型糖尿病(SPIDDM)患者の中には、長期にわたってインスリン治療を必要としない例が存在するが、そうした患者を予測する因子を特定したと名古屋大学大学院糖尿病・内分泌内科学教授の有馬寛氏らの研究グループがDiabetologia(2021年7月15日オンライン版)に発表した。BMI高値、HbA1c低値、GAD抗体価低値の3つの因子を有するSPIDDM患者では、診断から4年経過後もインスリンが不要だったとしている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  インスリンが不要な1型糖尿病の予測因子