メニューを開く 検索 ログイン

インスリンが不要な1型糖尿病の予測因子

BMI高値+HbA1c低値+GAD抗体価低値

 2021年07月29日 17:57
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 自己抗体である抗グルタミン酸デカルボキシラーゼ(GAD)抗体陽性の緩徐進行1型糖尿病(SPIDDM)患者の中には、長期にわたってインスリン治療を必要としない例が存在するが、そうした患者を予測する因子を特定したと名古屋大学大学院糖尿病・内分泌内科学教授の有馬寛氏らの研究グループがDiabetologia(2021年7月15日オンライン版)に発表した。BMI高値、HbA1c低値、GAD抗体価低値の3つの因子を有するSPIDDM患者では、診断から4年経過後もインスリンが不要だったとしている。

…続きを読むにはこちら

ワンクリックアンケート

先生は100歳まで生きる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  インスリンが不要な1型糖尿病の予測因子