メニューを開く 検索

ケタミンが治療抵抗性うつ病の有力な選択肢に

2021年07月30日 05:05

7名の医師が参考になったと回答 

 治療抵抗性うつ病(TRD)に対する有効性が報告され、新たな治療選択肢として注目される麻酔薬のケタミン。杏林大学精神神経科学教室の櫻井準氏は、第18回日本うつ病学会/第21回日本認知療法・認知行動療法学会(7月8~10日、ウェブ併催)で、即効性があり、希死念慮に対する有効性も明らかになっている同薬の有効性や安全性、米国での使用状況などについて報告した。懸念が指摘されていた幻覚や妄想、依存性などの副作用に関しては「うつ病で使われる用量では報告されていない」と述べ、TRDの有力な治療法として期待を寄せた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  ケタミンが治療抵抗性うつ病の有力な選択肢に