メニューを開く 検索 ログイン

コロナ後遺症、診断時は角膜神経に注目

角膜共焦点顕微鏡が有用

 2021年08月02日 05:10
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の後遺症(Long COVID)は、呼吸器だけでなく筋骨格、心血管、消化器など全身のさまざまな臓器に生じるとされるが、診断法は確立されていない。トルコ・Necmettin Erbakan University Meram Medical Faculty HospitalのGulfidan Bitirgen氏は、Long COVID患者で認められる神経症状と角膜神経形態の関係を検討。両者には有意な関連が認められ、角膜神経の変化の観察がLong COVIDの特定につながる可能性があると、Br J of Ophthalmol2021年7月26日オンライン版)で報告した(関連記事:「コロナ後遺症、多臓器で症状持続」)。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナ後遺症、診断時は角膜神経に注目