メニューを開く 検索 ログイン

低侵襲緑内障手術、点眼薬不要率が上昇

コクランレビューのRCTをメタ解析

 2021年08月02日 17:47
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 近年、開放隅角緑内障においては、低侵襲緑内障手術(MIGS)が発達している。米・University of MichiganのAmanda K. Bicket氏らは、MIGSの有効性と安全性を検討するため、コクランレビューで評価された開放隅角緑内障に対するMIGSのランダム化比較試験(RCT)のメタ解析を行った。その結果、緑内障患者に一部のMIGSを白内障手術と併用することは、白内障手術のみを実施する場合に比べて、術後に眼圧降下薬の点眼なしで疾患をコントロールする可能性を向上させたとJAMA Ophthalmol2021; e212351)に発表した。

…続きを読むにはこちら

ワンクリックアンケート

先生は100歳まで生きる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »   »  低侵襲緑内障手術、点眼薬不要率が上昇