メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

PTEN欠損mCRPC、AKT阻害薬上乗せでPFS延長

第Ⅲ相試験IPATential150

2021年08月02日 15:07

 がん抑制遺伝子PTENの欠損は、腫瘍の発現・進行に重要な役割を担うPI3K/AKT経路を活性化し、前立腺がん治療におけるアンドロゲン受容体(AR)標的治療の効果減弱につながる。米・ダナファーバーがん研究所のChristopher Sweeney氏らは、PTENを欠損する転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)を対象に、アンドロゲン合成阻害薬アビラテロンへのAKT阻害薬ipatasertibの上乗せ効果を検討。画像診断に基づく無増悪生存(rPFS)を有意に延長したことをLancet2021;398: 131-142)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  PTEN欠損mCRPC、AKT阻害薬上乗せでPFS延長

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537719 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外