メニューを開く 検索 ログイン

セレコキシブとアトルバスタチン、ヴィアトリス製薬が製造販売へ

2021年08月02日 15:19

 ヴィアトリス製薬は8月1日、アステラス製薬からセレコキシブ(商品名セレコックス)とアトルバスタチン(商品名リピトール)の製造販売承認を承継し、販売が移管されたと発表した。今後は同社が単独で情報提供活動を実施するという。

 セレコキシブは抗炎症作用と鎮痛作用を有するCOX-2選択的阻害薬で、関節リウマチや変形性関節症などの適応を有する。HMG-CoA還元酵素阻害剤アトルバスタチンは高コレステロール血症患者ならびに家族性高コレステロール血症の治療に用いられる。

 ヴィアトリス製薬は昨年(2020年)11月、ファイザー社のアップジョン事業部門と後発品メーカーのマイラン社との統合により設立された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  セレコキシブとアトルバスタチン、ヴィアトリス製薬が製造販売へ

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537815 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外