メニューを開く 検索 ログイン

双極性障害への抗うつ薬処方、是非は?

2021年08月03日 17:28

2名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 双極性障害の治療では病相の反復を防ぐため、躁状態とうつ状態の転換の抑制を意識する必要がある。しかし、単極性うつ病と診断されている、あるいはうつ状態が遷延するといった理由から抗うつ薬を使用し、経過が安定しないケースも少なくない。労働者健康安全機構関西労災病院(兵庫県)精神科部長の菅原裕子氏は、第18回日本うつ病学会/第21回日本認知療法・認知行動療法学会(7月8~10日、ウェブ併催)で、そうした経過が安定しない双極性障害患者に対する薬物療法について見解を述べた。なお、同学会気分障害の治療ガイドライン作成委員で順天堂大学精神医学講座主任教授の加藤忠史氏にコメントしてもらった。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  双極性障害への抗うつ薬処方、是非は?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537609 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外