メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

閉経後AI追加は2年 vs. 5年で有効性差なし

ホルモン受容体陽性乳がん

 2021年08月03日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 閉経後のホルモン受容体陽性乳がん患者において、術後内分泌療法5年投与後にアロマターゼ阻害薬(AI)の追加投与はいくつかの臨床試験で有用であることが示されているが、至適な投与期間は明らかでなく、長期投与による骨折リスクの上昇が懸念される。オーストリア・Medical University of Vi...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  閉経後AI追加は2年 vs. 5年で有効性差なし