メニューを開く 検索 ログイン

うつ病治療の標準化が不十分、初の実態調査

抗うつ薬単剤治療は6割、睡眠薬の2剤併用も

2021年08月04日 16:32

12名の医師が参考になったと回答 

 福岡大学精神医学教室の飯田仁志氏は、第18回日本うつ病学会/第21回日本認知療法・認知行動療法学会(7月8~10日、ウェブ併催)で、国内におけるうつ病治療の実態を調べた結果を報告。抗うつ薬の単剤治療を実施していた施設は6割にとどまり、施設間で大きな差があるなど治療の標準化が不十分である実態が明らかになった。また抗不安薬・睡眠薬の併用が7割と高率で見られた他、薬物治療以外では電気痙攣療法(mECT)、認知行動療法(CBT)の実施率が極めて低い状況も判明した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  うつ病治療の標準化が不十分、初の実態調査