メニューを開く 検索 ログイン

不顕性肝性脳症の診断基準を検証

日本版Stroop test

 2021年08月04日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 不顕性肝性脳症(Covert肝性脳症)患者では睡眠障害、QOLの低下、転倒・骨折、自動車事故のリスクが高く、顕性脳症への移行が容易であることや死亡率が高いことから、早期の診断が重要になる。三重大学大学院消化器内科学准教授の岩佐元雄氏は第57回日本肝臓学会(6月17〜18日、ウェブ併催)で、肝硬変患者を対象に行った肝性脳症診断のための日本版Stroop testの検証結果について報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  不顕性肝性脳症の診断基準を検証