メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  心室頻拍への早期アブレーションで再発減

心室頻拍への早期アブレーションで再発減

2021年08月04日 17:02

4名の医師が参考になったと回答 

 心室頻拍(VT)に対する早期の一次治療としてのカテーテル・アブレーション(アブレーション)の有用性を検証した多施設共同ランダム化比較試験は少なく、とりわけ非虚血性素因のVT患者のデータの蓄積が待ち望まれている。米・University of ChicagoのRoderick Tung氏は、器質的心疾患があり新規に植え込み型除細動器(ICD)の適応となった単形性VT患者に対する早期の一次治療としてアブレーションの有用性を検証した医師主導の多施設ランダム化比較試験PAUSE-SCDの結果を第42回米国不整脈学会(HRS 2021、7月28~31日、ウェブ併催)で発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  心室頻拍への早期アブレーションで再発減