メニューを開く 検索 ログイン

肝サルコペニア診断基準を前向きに検証

 2021年08月05日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 肝硬変患者ではサルコペニアを合併する頻度が高く、サルコペニアの合併は予後と強く関連する。北里大学消化器内科学講師/湘南鎌倉総合病院(神奈川県)の魚嶋晴紀氏は、2016年に日本肝臓学会が作成した「肝疾患におけるサルコペニア判定基準(第1版)」(以下、判定基準)の有用性を検証する多施設前向き観察研究を実施。その結果を第57回日本肝臓学会(6月17〜18日、ウェブ併催)で報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  肝サルコペニア診断基準を前向きに検証