メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

未治療PD-L1陽性TNBC、ペムブロ併用でOS改善:KEYNOTE-355

 2021年08月05日 17:52
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 MSDは8月4日、転移性トリプルネガティブ乳がん(mTNBC)患者を対象として抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)と化学療法との併用療法を評価する第Ⅲ相試験KEYNOTE-355において、全生存(OS)の改善が認められたと発表した(関連記事「乳がん免疫療法を最新知見から展望」)。

 最終解析の結果、PD-L1陽性(CPS 10以上)のmTNBC患者に対するペムブロリズマブと化学療法(ナブパクリタキセル、パクリタキセルまたはゲムシタビン/カルボプラチン)との併用療法による一次治療において、化学療法単独と比較して統計学的に有意かつ臨床的に意味のあるOSの改善が認められ、新たな安全性の懸念は認められなかったという。結果の詳細は今後の学会で報告される予定である。

※ Combined Positive Score:腫瘍細胞総数におけるPD-L1で染色された細胞数の割合

ワンクリックアンケート

先生は100歳まで生きる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  未治療PD-L1陽性TNBC、ペムブロ併用でOS改善:KEYNOTE-355