メニューを開く 検索 ログイン

腰椎変性すべり症、除圧単独 vs. 固定術併用

除圧単独の非劣性が示される

2021年08月06日 17:49

19名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 ノルウェー・Haukeland University HospitalのIvar M. Austevoll氏らは、腰椎変性すべり症を伴う症候性腰部脊柱管狭窄症の患者を対象にした多施設非劣性試験NORDSTEN-DSにおいて、スクリュー、ロッド、プレートなどの固定器具を用いるインストゥルメンテーション併用固定術を追加した除圧術に対し、除圧術単独の非劣性が示されたとN Engl J Med2021; 385: 526-538)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  運動器 »  腰椎変性すべり症、除圧単独 vs. 固定術併用

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537861 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外