メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  心筋炎・心膜炎は100万回接種で1件未満

心筋炎・心膜炎は100万回接種で1件未満

コロナワクチン接種後の死亡例、副反応の最新データ公表

2021年08月06日 17:40

125名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省は8月4日、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会と薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会の合同会議を開催し、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン接種後の死亡例が接種開始時から7月25日までに834件報告されたと発表した。死因で最も多かったのは心不全の79例だった。また、接種後の副反応について最新の集計結果も提示され、ブライトン分類でアナフィラキシーと判定された例は、100万回接種当たりファイザー製のワクチンで5件、モデルナ製ワクチンで2.2件、心筋炎・心膜炎はそれぞれ0.6件、0.8件だった。心筋炎・心膜炎は男性で多く見られた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  心筋炎・心膜炎は100万回接種で1件未満