メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  統合失調症の診断に有用なバイオマーカー

統合失調症の診断に有用なバイオマーカー

2021年08月11日 16:10

15名の医師が参考になったと回答 

 横浜市立大学大学院医学研究科分子薬理神経生物学教授の五嶋良郎氏とサンフォード・バーナム・プレビス医学研究所、ハーバード大学の共同研究グループは、統合失調症患者の脳内だけでなく末梢血中で活性型CRMP2が過剰に増加することを発見。発症初期の診断に有効なバイオマーカーとなり得るとの研究結果を、PNAS(2021年8月3日オンライン版に発表した。CRMP2は神経回路の形成に重要な役割を持つ蛋白質で、今回の発見により初期の若年の統合失調症を迅速かつ低侵襲で診断補助するツールになり得ると期待を示している。 

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  統合失調症の診断に有用なバイオマーカー