メニューを開く 検索 ログイン

抗体カクテル、コロナ家庭内感染を予防

2021年08月11日 05:05

73名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への日本における4番目の治療薬として登場した、モノクローナル抗体カシリビマブ(遺伝子組み換え)/イムデビマブ(遺伝子組み換え、商品名ロナプリーブ点滴静注セット)の抗体カクテル療法。軽症例への投与も可能であり、非感染者への予防効果も期待されていることから、COVID-19対策の切り札と捉える声もある。米国のバイオテクノロジー企業Regeneron PharmaceuticalsのMeagan P. O'Brien氏らは、家庭内での新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染に対する抗体カクテル療法の予防効果を検証する二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験を実施。プラセボ群に比べて感染が約81%抑制されたと、N Engl J Med2021年8月4日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  抗体カクテル、コロナ家庭内感染を予防