メニューを開く 検索 ログイン

コロナカクテル療法、軽症例に届く仕組みを

2021年08月12日 16:34

12名の医師が参考になったと回答 

 日本感染症学会は8月6日、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する薬物治療の考え方 第8版」を公式サイトで公開した。今年(2021年)7月19日に厚生労働省が特定承認した抗体カクテル療法カシリビマブ/イムデビマブ(商品名ロナプリーブ)が、軽症・中等症のCOVID-19患者に投与可能な薬剤として追加された。同薬は原則発症から7日以内に投与が必要で、安定的な供給が難しいことから、現状では重症化リスクがあり、入院治療を要する患者に限定されている。そのため誰でも気軽に使用できる薬剤とはいえないが、自宅療養患者が急増し死亡例も報告されていることからも、本来使用の対象となる軽症・中等症例に薬剤が届くような仕組みが求められる(関連記事「抗体カクテル、コロナ家庭内感染を予防」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナカクテル療法、軽症例に届く仕組みを

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537934 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外