メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

NBI、国がんの希少がんプロジェクト「MASTER KEY」に参画

2021年08月12日 14:29

 日本ベーリンガーインゲルハイム(NBI)は本日(8月12日)、希少がんの研究開発およびゲノム医療を推進する産学共同プロジェクト「MASTER KEY」に関する共同研究契約を国立がん研究センターと締結したと発表した。

 希少がんは患者数が非常に少ないため診療データが乏しく、治療選択肢も限定されているためアンメットメディカルニーズが極めて高い。

 MASTER KEYは国立がん研究センター中央病院が2017年より開始したプロジェクトで、希少がん患者の遺伝情報や診療情報、予後データなどをレジストリ研究により網羅的に収集し、研究の基礎データとなる大規模なデータベースを構築。さらに、特定のバイオマーカーを有する患者集団に対し、そのバイオマーカーに適合した薬剤を用いた臨床試験を実施している。同社のプロジェクトへの参画により、希少がんに対する医薬品の研究・開発の進展が期待される。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  NBI、国がんの希少がんプロジェクト「MASTER KEY」に参画