メニューを開く 検索 ログイン

ポンペ病の新酵素製剤を承認、FDA

アバルグルコシダーゼ アルファ

 2021年08月15日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 米食品医薬品局(FDA)は8月6日、ポンペ病の酵素補充療法製剤アバルグルコシダーゼ アルファ(商品名Nexviazyme)を承認したと発表した。同薬は1歳以上の遅発型ポンペ病患者を治療対象とするもので、日本でも昨年(2020年)11月に希少疾病用医薬品の指定を受け、今年1月にサノフィが承認申請している(関連記事「ポンペ病の新規の酵素補充療法製剤を申請」)。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  薬剤情報 »  ポンペ病の新酵素製剤を承認、FDA