メニューを開く 検索 ログイン

神経ブロック+漢方で理想的な疼痛治療を

2021年08月19日 17:05

18名の医師が参考になったと回答 

 神経ブロック療法は即効性があり強い鎮痛効果が期待できるものの、効果には限界がある。平田ペインクリニック(福岡県)院長の平田道彦氏は第55回日本ペインクリニック学会(7月22~24日、ウェブ併催)で、神経ブロック療法と漢方薬の併用で疼痛に対する治療効果が高まる症例や神経ブロック療法を施行せずに漢方薬のみで疼痛が軽減できる症例は、一般的に考えられているよりも多いと指摘。「神経ブロック療法と漢方薬を相補的に用いることで、理想的な疼痛治療の実現が見えてくる」と主張した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  東洋医学 »  神経ブロック+漢方で理想的な疼痛治療を

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD538013 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外