メニューを開く 検索 ログイン

歯科専門職の介入で肺炎の入院日数が短縮

2021年08月20日 13:40

5名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 肺炎入院患者に対して、一時的に食事の経口摂取を中止し経管栄養や点滴による栄養管理を行った場合、口や喉を使わないために口腔機能が低下しやすくなるという課題がある。東京医科歯科大学大学院摂食嚥下リハビリテーション学分野の吉見佳那子氏らの研究グループは、高齢の急性期肺炎入院患者を対象に、歯科専門職による歯科口腔管理の影響を検討。経口摂取の確立および入院日数短縮に有効だと、J Nutr Health Aging2021年7月26日オンライン版)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  呼吸器 »  歯科専門職の介入で肺炎の入院日数が短縮

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD538045 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外