メニューを開く 検索 ログイン

デルタ株、ほぼ置き換わり 首都圏2病院調査―国際医療福祉大〔時事メディカル〕

2021年08月23日 16:26

4名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染拡大をめぐり、国際医療福祉大は23日、首都圏の付属病院2カ所で実施した調査で、8月第2週の時点でウイルスが従来型からデルタ株にほぼ置き換わったことが判明したと発表した。

 調査は三田病院(東京都港区)と成田病院(千葉県成田市)で実施。8月9~15日、PCR検査で陽性となった検体のうちデルタ株は、三田が28のうち27で96.4%、成田が43のうち41で95.3%となった。6月28日~7月4日はそれぞれ0%、23.3%だった。

 同大は「デルタ株は従来型より感染力が強く、重症化しやすいという指摘もあり、感染拡大や医療の圧迫が懸念される」としている。

jiji082303.jpg

(2021年8月23日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  デルタ株、ほぼ置き換わり 首都圏2病院調査―国際医療福祉大〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD538084 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外