メニューを開く 検索 ログイン

富士通、AIでがん患者の栄養不足予測 大塚製薬工場など共同研究〔時事メディカル〕

2021年08月24日 14:35

 富士通は24日、がん患者が栄養不足に陥るリスクを人工知能(AI)で予測するサービスの提供を目指し、大塚製薬工場(徳島県鳴門市)と国立がん研究センター、国立長寿医療研究センターとの共同研究を開始したと発表した。AIの予測で的確なタイミングで患者に栄養補給し、治療効果の向上につなげる考え。

(2021年8月24日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  富士通、AIでがん患者の栄養不足予測 大塚製薬工場など共同研究〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD538106 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外