メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

乳がん検診、超音波追加で偽陰性を解決

J-START第二報

 2021年08月26日 19:09
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 乳がん検診における超音波検査の意義を検証した、世界初・日本発の大規模ランダム化比較試験J-STARTの結果がLancet(2016; 387: 341-348)に掲載されてから5年以上が経過した(関連記事「世界初・日本発、乳がん検診の大規模RCT」)。東北大学大学院客員教授の大内憲明氏らのJ-START研究グループは今回、その第二報として、乳房濃度別の感度、特異度解析による超音波検査を評価した結果から、乳房超音波検査がマンモグラフィの偽陰性問題を補う有用な検査法であることが示されたと報告した。詳細は、JAMA NEW Open2021; 4: e2121505)に発表された。

…続きを読むにはこちら

ワンクリックアンケート

先生は100歳まで生きる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  乳がん検診、超音波追加で偽陰性を解決