メニューを開く 検索 ログイン

初の腎臓病治療薬としてSGLT2阻害薬ダパグリフロジンが承認

 2021年08月26日 17:16
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 アストラゼネカと小野薬品工業は本日(8月26日)、選択的SGLT2阻害剤ダパグリフロジン(商品名フォシーガ)が、日本で初めての慢性腎臓病(CKD)治療薬として承認されたと発表した(関連記事「SGLT2阻害薬が初のCKD適応で承認申請」)。

 承認は第Ⅲ相試験DAPA-CKDの結果に基づく。適応は末期腎不全または透析施行中の患者を除く慢性腎臓病であり、2型糖尿病合併の有無は問わない。

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  初の腎臓病治療薬としてSGLT2阻害薬ダパグリフロジンが承認