メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

小児血液がんに対する骨髄移植前治療薬ブスルファンの1日1回投与が承認

 2021年08月26日 17:50
プッシュ通知を受取る

 大塚製薬は8月25日、血液がんに対する造血幹細胞移植の前治療薬であるブスルファン(商品名ブスルフェクス)について、公知申請により小児に対する1日1回投与が承認されたと発表した。

 同薬は2006年10月に「1日4回、4日間投与」で承認されたが、海外では利便性の観点から1日1回投与の臨床試験が実施され、承認されていた。わが国では日本造血細胞移植学会から本剤の1日1回投与に関する開発要望が提出され、成人に対しては公知申請により2018年9月に1日1回投与が承認されていた。

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  小児血液がんに対する骨髄移植前治療薬ブスルファンの1日1回投与が承認