メニューを開く 検索 ログイン

IP受容体作動薬セレキシパグが慢性血栓塞栓性肺高血圧症に適応拡大

 2021年08月26日 18:10
プッシュ通知を受取る

 ヤンセンファーマと日本新薬は8月25日、肺動脈性肺高血圧症の治療薬である選択的プロスタサイクリン受容体作動薬セレキシパグ(商品名ウプトラビ)について、外科的治療不適応または外科的治療後に残存・再発した慢性血栓塞栓性肺高血圧症の適応拡大が承認されたと発表した。

 同薬は、2016年6月に慢性血栓塞栓性肺高血圧症の適応で希少疾病用医薬品の指定を受けている(関連記事「日本発の経口可能な肺高血圧治療薬」)。

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  IP受容体作動薬セレキシパグが慢性血栓塞栓性肺高血圧症に適応拡大