メニューを開く 検索

IP受容体作動薬セレキシパグが慢性血栓塞栓性肺高血圧症に適応拡大

2021年08月26日 18:10

 ヤンセンファーマと日本新薬は8月25日、肺動脈性肺高血圧症の治療薬である選択的プロスタサイクリン受容体作動薬セレキシパグ(商品名ウプトラビ)について、外科的治療不適応または外科的治療後に残存・再発した慢性血栓塞栓性肺高血圧症の適応拡大が承認されたと発表した。

 同薬は、2016年6月に慢性血栓塞栓性肺高血圧症の適応で希少疾病用医薬品の指定を受けている(関連記事「日本発の経口可能な肺高血圧治療薬」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  IP受容体作動薬セレキシパグが慢性血栓塞栓性肺高血圧症に適応拡大