メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  IP受容体作動薬セレキシパグが慢性血栓塞栓性肺高血圧症に適応拡大

IP受容体作動薬セレキシパグが慢性血栓塞栓性肺高血圧症に適応拡大

2021年08月26日 18:10

1名の医師が参考になったと回答 

 ヤンセンファーマと日本新薬は8月25日、肺動脈性肺高血圧症の治療薬である選択的プロスタサイクリン受容体作動薬セレキシパグ(商品名ウプトラビ)について、外科的治療不適応または外科的治療後に残存・再発した慢性血栓塞栓性肺高血圧症の適応拡大が承認されたと発表した。

 同薬は、2016年6月に慢性血栓塞栓性肺高血圧症の適応で希少疾病用医薬品の指定を受けている(関連記事「日本発の経口可能な肺高血圧治療薬」)。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  IP受容体作動薬セレキシパグが慢性血栓塞栓性肺高血圧症に適応拡大