メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  AZワクチン接種後血栓症、予後予測因子は?

AZワクチン接種後血栓症、予後予測因子は?

2021年08月27日 05:00

16名の医師が参考になったと回答 

 日本では今年(2021年)7月、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染予防に対するアストラゼネカ社のアデノウイルスベクターワクチン(ChAdOx1 nCoV-19)が公費接種の対象となることが発表され、一部の地域で接種が開始された。しかし、接種後まれにワクチン起因性免疫性血栓性血小板減少症(VITT)を発症することが報告されており、VITTの臨床的な特徴や予後を予測するマーカーを明らかにすることが望まれている。英・Oxford University HospitalsのSue Pavord氏らは、英国におけるVITT患者の特徴および予後に関する前向きコホート研究を実施し、N Engl J Med2021年8月11日オンライン版)に結果を報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  AZワクチン接種後血栓症、予後予測因子は?